プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


人が亡くなるということは、忌むべきことではなく
その人の人生の終わりを迎えたということですね。
その人生の終わりを、「よく生きたね」と祝福することは
なかなか難しいけれど(悲しさが先に立ちますからね。。)
それでも、決して忌むべきものでもなく、ましてやお祓いなどを
するようなものでもないと、私は思います。
(そう言う人もいましたが)

昨年は私自身の生活の中で、(飼っていた動物も含めて)
生きていた人(猫も)がこの世を去ることが続き
今年も仕事の上で、この世からのお別れを何回か経験しましたが
悲しいけれど、忌むべきことだとは少しも思っていません。

悲しい出来事だけど、それをひとつひとつ。。。
「乗り越える」というと、本当にその出来事を過ごすとそのあとは
元気になるみたいなので、ちょっと違う。。。(まだ悲しさは続いています)
「その経験を通り過ぎていく」という感じかなあ。
通り過ぎて、今でも振り返る、そんな感じです。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/


スポンサーサイト

試験

今度の週末は、司法書士の試験なんですね。
懐かしいです。。。。。

私は合格した前の年が、一番勉強もしましたし
結果もいけるんじゃないかと思っていたので
不合格だった時は、当分の間立ち直れなかったです。

翌年の勉強再開も年明けでしたし、仕事も多く入れてしまって
試験の前々日の金曜日の夜まで仕事はしていました。
勉強時間も思うようにとれていなかったのに
合格したのは本当に不思議。

よく言われることですが、合格圏に近づいてくると、
勉強時間とか置かれた環境だとか、
もう関係なくなるのだと思います。
何が結果を左右するのか全然わかりません。

合格後に点数の結果が送られてきますが
記述式の不動産登記は、絶対に満点だと思っていたのに
(予備校の模範解答とも一致していたのに)かなり減点されていたし
商業登記の方は、最後までギリギリ迷って、間違った方の答えを出し
致命的なミスをしたはずなのに、案外点が取れていました。
もうわけわかんない!と思いました。(採点ミス?(笑))

何年かたつうちに、人との競争ではなく
本当に自分自身との戦いなんだな、ってしみじみ思った年に
受かりました。もしかしたらそう思えたことが
合格の要因かもしれないとさえ、思います。

受験生の皆さん、最後の最後まであきらめないで!
私みたいに、最後の商業登記の書式で本当に5分前まで
迷って書いた解答が、大きなミスで、どう考えてもダメだったのに
どうにかなるのですから。きっとどこかで挽回できた部分が
あったのでしょう。
ひとつとして、手を抜かずにあきらめずに、すべてをこめて
頑張ることだと思います。(受かったらって、エラそうなこと言ってますね。
ご容赦ください!)

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

植物のチカラ

知り合いから、「キュウリのタネを植えたら芽が出てきたから」
と、かわいらしい双葉が出ているものを2個いただきました。
玄関に置いておいたら、1つはおネコ様に食べられてしまい
慌ててもう1つをプランターに移しました。

そのうち、葉っぱが出てきて「おやおや、どうなるのかしら」と
せっせと水をあげていたら、葉っぱがどんどん大きくなり
つるがニョニョキ伸びて、黄色い花まで咲いてきた!!

なんだか感動していたら、なんと昨日は小さい小さいキュウリが
成っているのを発見。

野菜を育てている方から見ると、当たり前のことなのかもしれませんが
初心者にとってはものすごい感動です!

はやく大きくなあれ~、って声をかけて育てています。

植物も生命なんですね。あんなに小さい双葉がこんなになるなんて。
小さい小さい双葉の中に、限りない成長の芽が組み込まれて
いたんだなあ、ってホント感動です。

仕事のスケールも人間もまだまだ小さいけど、
もしかして、まだこれからも少しは色々な可能性はあるのかな。。
って自分を顧みて、考えてしまいました。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

人との別れ

別れを経験しない人はいないですね。
人が亡くなるのが、一番の別れです。

昨日は学生時代の友人のご主人が亡くなったと聞いて
通夜に行って帰ってきたら、今度は昔々亡くなった高校時代の
友人の妹さんからお電話を頂き、1時間半くらい
お話をしました。

どの亡くなり方も悲しい亡くなり方。
しみじみ涙が流れる日でした。

葬儀や法事のような通過儀礼、喪の経験を通して
人が人との別れに心の区切りをつけていくのだと
大学生の時に授業で聞いて、目からうろこだったのですが
区切りがつかない別れもあるでしょう。。。

それともどれもこれも、いつか必ず区切りがつくのでしょうか。
そんなことを考えさせられた1日でした。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

専門家

先日、依頼者と一緒にとある専門家の先生のところに
お邪魔する機会がありました。

一応、少しは仕事柄勉強してはいるつもりでも
やはりその道の専門家はおっしゃることが鮮やかです。
さすがだなあ、と感心させていただきました。

その一方で、専門家でありながら、??と思うケースに
出会うこともあり、本当に色々ですね。
私自身も、「??」マークを点滅されることがないように
心しないといけないなあ、としみじみ思います。

次から次へと色々なことが重なってなかなか、書けませんでした。
昨年は冬の終わりから春にかけて愛猫が相次いで亡くなったので
そのことを思い出したりして、ちょっと落ち込んでもいました。
今でも、思い出すと胸がいっぱいになります(涙)
苦しい時に一緒にいて、慰めとなってくれた最初の猫ちゃんは
私にとっては、いつまでも死なない存在だったはずなのでした。

また少し元気を出して、できることをできる限り
頑張ろうと思っています。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

 | ホーム |  前のページ»»