FC2ブログ

プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


先日、志木市後見ネットワークセンター設立の記念講演及び
シンポジュウムに参加してきました。
しばらくぶりの同業者にも会えてちょっとうれしい半日でした。

シンポジュウムでは、厚生労働省の担当者や、
成年後見の専門職として家裁に選任される三士会
(弁護士会、司法書士会、社会福祉士会)の方も登壇されました。
なかなか一般の方にはわかりにくい、見えにくいと思いますが
ここで改めて伝えておきますが、裁判所が専門職後見人として
認定しているのは上記の三士会の、さらにそのうちの
研修等を受けて名簿に登載された人のみです。
他の専門職の方が選任される場合は、
専門職としての選任ではなく
一民間人が選任されるけれども、
たまたまなんらかの資格を持っているというだけです。
そこを間違えてしまうと、安易な宣伝(プロモーション)に
乗ってしまうのでご注意を。
しかも、それを公的な機関が理解してないと、、、、
少々心配です。(市民に対しての情報提供が間違ってしまいます)
(もちろん志木市は完璧ですね)

とにかくにも、この志木市、ほんとうに先進的ですばらしい。
当市も後を追えるといいですね。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/
スポンサーサイト

アロマの効果

最近、がっかりしたり、落ち込んだり、情けなく思ったり
なんとなくもやもやすることが多くて、親しくさせて
頂いている方から、アロマの香りの効用をご教示いただきました。、
先日、ちょっとドライブしてその方にご紹介いただいた
アロマを処方してくれるサロンに行ってまいりました。

色々話も聞いていただき、今の私に合ったオイルを処方
してもらいました。持ち歩いて使えるので、なんだか
とてもいい感じです。

中年女性はいろいろあるので(笑)うまく心の
もやもやを発散できればいいなあと思う今日この頃です。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/


昨日はリーガルの研修で「精神障害の理解する」
本当は同日の他の研修も申し込みたかったのですが
定員いっぱいで、これだけまだ枠がありました。

ほとんど居眠りする予定が内容が面白かったので
居眠りは一瞬だけで、聞き入りました。
もともとDVD研修が嫌いですので、、、生で聞きたかったです。

後見人がつくケースは統合失調症が多いので
統合失調症に関してのお話が多かったのですが
途中でさらっと流された「気分障害」や
「神経性障害、ストレス関連障害及び身体表現障害」の
お話を突っ込んでお聞きしたかったなあ。

気分障害のうつ病については、気分が落ち込んだり辛かったり
何もやりたくない、という状態になった時に「私もうつ病?」と
思ったものですが、体重減少や食欲減退が症状として
出てきてないので、、、、違いますね。

私のかっての被後見人さんが、とある施設で「パーソナリティ障害だ」と
言われたことがあって、その後色々な関わってくださった方は
一様に「違うと思う」と言われたのですが、精神症状の見立ては
難しいものがあるのですね。

久しぶりに勉強になったな、とすがすがしい思いでした。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

ミシン

本当に久しぶりに書きます。なんだかバタバタしていました。
やっと少し落ち着いて、先が見えるようになりました。

今日は、ミシンの話。。。
実家の母は、手に職として洋裁をしており
教えていたこともあるし、某ブティックでご指名受けて長く服を
作っていました。
ブティックは裕福なマダムがお客さんなので
まあまあ収入になったようなのですが
ある時期「もう子供も学校卒業したからいいや」と言って辞めています。
子供の学資とかのために頑張ったんだろうなあ。。。
でも、辞めたってことは、結構きつかったんだろうな。
お母さんに感謝です。

そのあとは、知り合いの人に個人的に頼まれたら服を作ったり
お直しを頼まれたらやっていました。
私の結婚式のウエディングドレスは縫ってくれましたよ。

その母が亡くなり、5年後に父が亡くなって、実家の荷物を整理しようと
いう時に、弟は同居しているのですが、「使わないものは思い切って処分しよう」と
いう話になりました。もちろん私にも異存はありません。

母は工業用ミシンを、手入れをしながら長く使っていました。
私自身は結婚する時に叔父に買ってもらった電動ミシンはいつのまにか
(ほとんど使わないのに!)壊れてしまって、そしてほとんどミシンは
使わないのに、母のミシンだけは引き取りたかったんです。
弟も夫も「処分すればいいのに」と言ったけど
母と言えばミシンに向かっていた姿なので、どうしても処分できない。
結局、弟が運搬費用をなぜか負担してくれて、そのミシンは
我が家にやってきました。

ミシンの専門業者さんに見てもらったら、電動ミシンではない
つまり電気製品ではないので、むしろ工業用の機械なので
壊れることは原則的にない、手入れをきちんとしていけば
半永久的に使えるとのことです。
何回か使って、やっぱり電動のコンパクトミシンより
はるかに快適!!って思っていましたが、また放置状態です。。
今はお猫様のリラックススペースになっちゃっていますが
それでもやはり手放すことはできない、いつまでも手元に置いておきたいと
思っています。
自分でもよくわからないのですが
小学生くらいの頃(もの心つくころですね)から
雨の日が好きでした。
しとしと降る雨が、なんだかいいなあと思っていて
しかも「好き」に理由なんかないので、、、親に「????」と
不思議がられました。

中学高校生の頃は、夜風が強い日に、雨戸ががたがた
揺れる音、そんなものも結構好きだったのです。
古典の授業で「いとをかし」という表現を学んで
「これだね!」って思いました。
なんだか変な子だったんですよね。

ところが中年期を過ぎてオバサンになると
雨の日は、体調がいまひとつということもあって
「風情があって好きだなあ」と思う気持ちが何時の間にか
消えていきました。

梅雨に入って今日は、結構雨が降りました。
昔は雨も夜の風も好きだったんだなあ、とふと思い出しました。
低気圧だと体調が低下気味にはなりますが
好きだったあの頃を思い出して、またあんな
気持ちになれたらいいな、って思いました。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/


 | ホーム |  前のページ»»