FC2ブログ

プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


ミシン

本当に久しぶりに書きます。なんだかバタバタしていました。
やっと少し落ち着いて、先が見えるようになりました。

今日は、ミシンの話。。。
実家の母は、手に職として洋裁をしており
教えていたこともあるし、某ブティックでご指名受けて長く服を
作っていました。
ブティックは裕福なマダムがお客さんなので
まあまあ収入になったようなのですが
ある時期「もう子供も学校卒業したからいいや」と言って辞めています。
子供の学資とかのために頑張ったんだろうなあ。。。
でも、辞めたってことは、結構きつかったんだろうな。
お母さんに感謝です。

そのあとは、知り合いの人に個人的に頼まれたら服を作ったり
お直しを頼まれたらやっていました。
私の結婚式のウエディングドレスは縫ってくれましたよ。

その母が亡くなり、5年後に父が亡くなって、実家の荷物を整理しようと
いう時に、弟は同居しているのですが、「使わないものは思い切って処分しよう」と
いう話になりました。もちろん私にも異存はありません。

母は工業用ミシンを、手入れをしながら長く使っていました。
私自身は結婚する時に叔父に買ってもらった電動ミシンはいつのまにか
(ほとんど使わないのに!)壊れてしまって、そしてほとんどミシンは
使わないのに、母のミシンだけは引き取りたかったんです。
弟も夫も「処分すればいいのに」と言ったけど
母と言えばミシンに向かっていた姿なので、どうしても処分できない。
結局、弟が運搬費用をなぜか負担してくれて、そのミシンは
我が家にやってきました。

ミシンの専門業者さんに見てもらったら、電動ミシンではない
つまり電気製品ではないので、むしろ工業用の機械なので
壊れることは原則的にない、手入れをきちんとしていけば
半永久的に使えるとのことです。
何回か使って、やっぱり電動のコンパクトミシンより
はるかに快適!!って思っていましたが、また放置状態です。。
今はお猫様のリラックススペースになっちゃっていますが
それでもやはり手放すことはできない、いつまでも手元に置いておきたいと
思っています。
スポンサーサイト
自分でもよくわからないのですが
小学生くらいの頃(もの心つくころですね)から
雨の日が好きでした。
しとしと降る雨が、なんだかいいなあと思っていて
しかも「好き」に理由なんかないので、、、親に「????」と
不思議がられました。

中学高校生の頃は、夜風が強い日に、雨戸ががたがた
揺れる音、そんなものも結構好きだったのです。
古典の授業で「いとをかし」という表現を学んで
「これだね!」って思いました。
なんだか変な子だったんですよね。

ところが中年期を過ぎてオバサンになると
雨の日は、体調がいまひとつということもあって
「風情があって好きだなあ」と思う気持ちが何時の間にか
消えていきました。

梅雨に入って今日は、結構雨が降りました。
昔は雨も夜の風も好きだったんだなあ、とふと思い出しました。
低気圧だと体調が低下気味にはなりますが
好きだったあの頃を思い出して、またあんな
気持ちになれたらいいな、って思いました。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/


トマト

何だか、日にちがあいてしまって恐縮です。

実は、急に思い立って、トマトのプランター栽培を
始めました。
4株買ってきて、2つの深めプランターに植え込んだのが
3週間前。
1週間前には初めて、肥料も追加。
本も買ったけど、ネットを見たり、ホームセンターに置いてあった
「トマトの育て方」というチラシも熟読。

それが、どのマニュアルにも書いてあるけど
「脇芽を取る」っていうのが、なんだかかわいそうで、、
実もなってきたのですが、1段あたり4~5個に抑えてあとは切り取る
なんて書いてあるのですけど、それもまたなんだかかわいそうで、、、
ぐずぐずして切り取れないでいると、うまく育たないそうなので
泣く泣く取っています。
それで、それを挿し木して再生できないかと思って
今朝は挿し木してみましたが、帰ってみたらぐったりしてました。

色々考えないで、マニュアル通りにせっせとやるのが
よさそうです。難しいなあ。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

孤独の話

女性は比較的みんなで一緒に、というケースが多いですね。
私も気心が知れた人とわいわいやるのは大好きです。
たとえ気心があまり知れていなくても、社会生活を送る以上
おつきあいは大切なことです。

でも、何となく年と共に、自分の時間や自分の気持ちも大切に
したいなと思うようにもなりました。
わがままとも言えますね(笑)

図書館で予約をしようと思ったとある本は「孤独」についての本で
内容説明が以下のとおり。
「まわりに自分を合わせるくらいなら、
ひとりでいるほうが何倍も愉しく充実する。
成熟した人間だけが到達できる境地でもある。
ひとりを愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。」

うう~ん、読んでみたくなります(笑)
予約したら8人待ちでした!
このような本が読まれるということは
皆さん、孤独ということを考えているのかな。
人と合わせていくことも社会では大切。でも一方で
孤独の時間も大切にしたい。
そんな人が案外多いのかもしれないですね。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/
少し前の、まだ寒いとき。
とある高齢者のお宅にお邪魔した時に来ていた
ピンクのセーター。
そろそろよれよれになったので、処分しようかなあと
思っていました。
そうしたら、そこのおばあさまが
「いい色ね。ピンクっていろんな色があるけど
この色はなかなかない、素敵ね」と
言ってくださった。

処分するのやめよう。もう少し大事に使っていこうと
思いました。

人の言葉って、ほんの小さいことでもその人の
気持ちや考えを変えていく、そんな力がありますね。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

 | ホーム |  前のページ»»