プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


不思議現象

午前中、東京電力から電話があり、何かと思ったら
私が後見人をやっている方のお宅の電気料金が
今月は発生しているのですが、何か事情がありますか?という話です。

お1人暮らしでしたが、施設に入所されたので
ガスも電気もすべて止めてあります。
当然、電気のブレーカーも下げてあります。

電気を止めてもらった際に、電気メーターの下から出ている
電線(で、いいのかな?)をはずしてあるはずなのだが
その電線が再びつながり、電気料金が1キロワット分、
料金にして50円の発生だそうです。

慌ててそのお宅に飛んでいき、東電の方にも来てもらって
家の中のブレーカーは下りていることなどを確認しました。
引き込みの電線は確かにつながっているので
それも、もう1度はずしてもらいました。

鍵は私が管理しているので、他人が入り込む余地はないはず。
それでも無人のお宅というのは、不安です。
どうして、ずっとかかっていなかった電気が今月だけ
1キロワット使用されているのか、全く謎です。

非常に古いお宅なので、できれば解体も含めて処分をしたいのですが
本人が時々「家に帰りたい」と言い出して
施設の方が家の前まで連れて行って「ほら、ちゃんといつでも
帰れますよ」と言ってくださっているそうなので
安易に処分もできません。

ちょっと気持ち悪いので、鍵をつけかえることにしました。

後見業務は、何が突然起こるかわかりません。
そんなことを痛感した1日でした。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/
スポンサーサイト

債権者集会

私の方で、破産手続きの書類作成をさせていただいた方の
今日は第1回の債権者集会。

毎度のことながら、債権者は誰も来ず、債権者の席に
座っているのは私だけ・・・

破産管財人の弁護士の先生に「ブログ見ました」とお声を
かけていただいて、びっくりひっくり返りました。
どうかご勘弁を。。。。。あの、、、恥ずかしいので(涙)

破産手続きの方は、管財人の先生の的確な処理で
おかげさまでスムーズに進んでいます。感謝です。

今日は依頼者は杖をついていました。
体をいたわって、頂きたい。。抱えてきた重荷ももうすぐ
終わるのだから・・・。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

夏休みですが

12日金曜日から15日月曜日まで(土日をはさんでますが)
夏休みを頂いておりましたが、後見人をやっている方が
12日の夜に医大病院で緊急手術して、入院となりましたので
今日は、病院へ入院手続きに行ってきました。

手術しないと、危険!という状態だったので
とても心配でしたが、集中治療室にいる彼女は
まだ酸素マスクははずれていなかったものの、
意識は取り戻しており、おしゃべりもできました。

いつも私の顔を見ると「どこかで会ったような
気がするんだけど、おたくさんどなた?」って。
しかも、帰り際には「ありがとうね~。気をつけてね。
お大事にね!!!」って手を振ってくれたんです。

お大事にするのは、そちらですから~(笑)

在宅で生活されていた頃は、もうちょっときついところも
あった方ですが、今はすっかり癒し系の可愛いおばあちゃん
になりました。

もう90歳を超えていますが、いつまでも長生きして
頂きたいです。
早く退院できますように。。。。。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/
開業して5年目に入り、依頼を受けたら
とにかく全力で取り組む気持ちを持ち
「これは私(の能力的には)には無理かも」と思っても
とりあえず、法令違反ではなく、司法書士の守備範囲を
超えない限り、頑張ってきたつもりです。

そして、いつも「私はいったいどこへ進んでいるんだろう」と
思います。
個人事業主は依頼を受けなければ仕事にならないので
多く、依頼を受ける分野が私の必要と
される方向なのかな・・・・と。。

成年後見分野の相談は多くお受けするので
そういう福祉的な方面が私の、求められる方向なのかなと
思ったり、裁判業務で陳述書をせっせと書いていると
昔、教員時代に書いた生徒の大学や短大への推薦書を
書いていた頃を思い出したり。
(最後の1年間は女子クラスの担任だったので
推薦入学希望の子が多かったんです)

趣味どころか、生活の一部になっているくらい
本を読むのが好きなので、字のミスとか結構
気になるタイプなので、やっぱり登記も向いてるよね?と
勝手に自己満足したり。。。

結局「ナニナニが強い」というものをあげられないまま
なんでもやる道を走っているような気がしています。
これでいいのかな?よくわからないけど。。。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

 | ホーム |