FC2ブログ

プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


入学した中学のバレー部はちゃんとした顧問がいなく
3年生しか試合に出られないことになっていて、
1年生2年生はほとんど球拾いです。

「うっ。マジかよ~」と思いましたが、なぜか6人とも
やめませんでした。

2年生になったら、とても熱心な先生が転勤してきて
今まで最上級生しか出られなかったチームの方針を
変えて、学年を問わない混合チームになったのです。

私はセッターだったのですが、先輩アタッカーに混じって
メンバーに入りました。

そうして、その時は何も考えずに、ただひたすら先輩達に
トスを上げていました。

1年上の先輩が引退する最後の試合も私はずっと
コートに入っていました。
たまたま私の母親がその試合を見に来てくれていたのですが
帰宅して母親が
「今日、試合が終わった頃、あなたのチームの1年上の先輩の
セッターの人のお母さんが見えたわよ」
「そのお母さんは『うちの子は絶対に試合を見に来ないで』って
言うけど、今日で最後だからこっそり見に来たの。
でも、もう終わっちゃったのねえ。残念だわ、って言ってたよ」

私のひとつ上の先輩は、セッターとして一度もコートに
立っていないのです。
それを、お母様に言えず、試合に来るなと言っていた

そう私の母は言ったのです。

でも、当時何も考えないでお気楽に生きていた私には
その意味することが、よくわかってませんでした。

3年生が引退すれば、今までのチームの事情から言えば
その先輩が次は順番としてセッターとして、コートに立つはずでした。
たまたま指導者が現れて、指導方法が変わったために
その先輩はコートに立つ機会がなかった。

そしてその先輩がどんな思いでいたのか、私には
全くわかっていなかったのです。

続きます

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shihoushoshi909.blog71.fc2.com/tb.php/122-0c7f2cd5

 | ホーム |