プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


試験

今度の週末は、司法書士の試験なんですね。
懐かしいです。。。。。

私は合格した前の年が、一番勉強もしましたし
結果もいけるんじゃないかと思っていたので
不合格だった時は、当分の間立ち直れなかったです。

翌年の勉強再開も年明けでしたし、仕事も多く入れてしまって
試験の前々日の金曜日の夜まで仕事はしていました。
勉強時間も思うようにとれていなかったのに
合格したのは本当に不思議。

よく言われることですが、合格圏に近づいてくると、
勉強時間とか置かれた環境だとか、
もう関係なくなるのだと思います。
何が結果を左右するのか全然わかりません。

合格後に点数の結果が送られてきますが
記述式の不動産登記は、絶対に満点だと思っていたのに
(予備校の模範解答とも一致していたのに)かなり減点されていたし
商業登記の方は、最後までギリギリ迷って、間違った方の答えを出し
致命的なミスをしたはずなのに、案外点が取れていました。
もうわけわかんない!と思いました。(採点ミス?(笑))

何年かたつうちに、人との競争ではなく
本当に自分自身との戦いなんだな、ってしみじみ思った年に
受かりました。もしかしたらそう思えたことが
合格の要因かもしれないとさえ、思います。

受験生の皆さん、最後の最後まであきらめないで!
私みたいに、最後の商業登記の書式で本当に5分前まで
迷って書いた解答が、大きなミスで、どう考えてもダメだったのに
どうにかなるのですから。きっとどこかで挽回できた部分が
あったのでしょう。
ひとつとして、手を抜かずにあきらめずに、すべてをこめて
頑張ることだと思います。(受かったらって、エラそうなこと言ってますね。
ご容赦ください!)

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017-07-05 08:27 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shihoushoshi909.blog71.fc2.com/tb.php/367-299bbc91

 | ホーム |