プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


後見の申立はご本人さんの住所地を管轄する家庭裁判所へ
申立します。
裁判所によっても少々段取りが違いますので、
依頼をする場合は、よくその専門家に確認をするといいですね。

後見の申立では原則として、家裁の調査官の調査が
入りますが事案によっては、参与員による面談のケースもあります。
調査官調査や参与員面談の対象者は
原則としてご本人と申立人、そして後見人等の候補者です。
申立人とご本人が兼ねることもありますし(これを本人申立といいます)
申立人が候補者を兼ねることもありますね。

申立の際に書類が完璧であれば、面談そのものも
わりとスムーズにいきますが、不備があったり、事情が尽くされて
いなかったりすると、色々と調査の過程で聞かれることも多くなります。
我々専門家は、どのような点が裁判所から聞かれるのかということを
把握し、書類の中で十分説明を尽くせるようにしています。

どんなことでもお気軽にご相談いただければと思います。
なお、裁判所書類作成を支援し、業務として依頼を受けることが
できるのは弁護士か司法書士ですので、ご注意ください。
弁護士は代理人として依頼を受け、我々司法書士は書類作成者として
依頼を受けることとなります。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shihoushoshi909.blog71.fc2.com/tb.php/390-2c44d838

 | ホーム |