FC2ブログ

プロフィール

マルコ

Author:マルコ
埼玉県で司法書士事務所をひっそりやっています。
大学時代に、学園祭の準備で泊り込んだ友人宅で、あまりのおしゃべりと、おっちょこちょいで友人の家族に「ピーピー」と名づけられて、早ウン十年。
現役司法書士となった今も、ドタバタドタバタと、本来の自分の性分を隠せずにやっています。でも依頼主のお役にたてることなら、なんでも頑張ります!!


メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


QRコード

QR

カウンター


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事


カテゴリー


最近のトラックバック


最近のコメント


月別アーカイブ


日めくりカレンダー


士業は業務上必要であれば戸籍等を収集できますが
無制限にできるわけでなく、依頼を受けた案件で必要な場合に
限られます。まあ、当たり前ですが。

で、行政書士さんは裁判所に提出する書類のために
戸籍を取ることができないはずだと思うんですよね。
具体的には、遺言書の検認手続きには、相続人の戸籍が
必要ですが、裁判所に提出する目的だとダメかと。。。
しかもそれで報酬取ってはダメではないかと思うのが
私の考えですが。。。。

裁判所提出書類作成は司法書士の業務です。
弁護士は作成だけではなく、さらに本人の代理人になります。
それぞれ弁護士法、司法書士法に定められている業務です。

今日は行政書士さんがそれをされている案件の相談を受けて
ちょっとびっくりしました。
「できる」ということであれば、根拠を教えて頂きたいです。

http://www.shihousyoshi-yasuma.com/



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shihoushoshi909.blog71.fc2.com/tb.php/422-97ded844

 | ホーム |